関西電力電気代の値下げ!その原因は?
電気代高い時にはアンペア契約見直し
ポイントだと言われていますが…

スポンサーリンク

関西電力の電気代値下げの理由は?

地域格差のある電気代。
電気代の高さを全国で比べてみますと、
関西電力は5番目にランクインしています
(2015年5月調べ)。

 

電気代の地域格差は、発電している設備
(火力発電や水力発電など)の設備費や、送電の
コストなどが原因です。

関西電力が5位なのは、発電施設も多く、
また住宅地と発電施設の距離がそれほど
遠くない地域が多いことが考えられます。

さらに関西電力は2017年8月から電気代の
値下げを開始。大手電力会社では震災以降
初の値下げです。

 

その理由は、関西電力が所有する高浜原発
(福井県)3号、4号機の再稼働が実現し、安定した
電力が供給できるようになったからです。

火力発電に使う燃料は年々コストが増えている中、
原子力発電所が稼働できないとなると、電力会社は
どうしても電気代を値上げするしかありません。

関西電力は念願の高浜原発の再稼働が
2017年に叶い火力発電の負担を大幅に
減らすことができました。

 

現在はまだまだ原子力発電所に頼っている
状況です。再稼働するなら安全対策や災害
対策を万全にし、福島第一原発のような事態は
起こらないよう願うばかりです。

電気代が高い原因は?

電気代は地域格差がありますが、関西電力
エリアの場合、平均して月に8000円程度

かかります。

全国平均でみますと、1人暮らしは月に
約5000円、4人暮らしの場合は月に
約12000円程度。

 

もし電気代が高いと感じたら、原因を探して
節約を。

電気料金の明細を見て首をかしげるような
ことがあれば、まずは生活習慣を振り返って
みましょう。

知らず知らずのうちに電気を無駄遣い
していることもあります。

 

今現在どんな家電を使っていますか?
古い家電はかえって電気代が高くなる
傾向にあります。

10年以上使っている家電は故障や発熱、
発火の危険性もあるので買い替えを
おすすめします。

最近の家電はエコを謳っているものが
多く、高性能かつ電力をかなり抑える
ことが可能です。

 

電気代が高い原因の多くを占める冷暖房器具も、
単に使用頻度を減らすだけでは、家が不快な
空間になってしまうことも。

ケチではなく、エコへの高い意識が大切なのです。

エアコン、ヒーター、電気毛布、扇風機など
使うシーンに合わせて冷暖房器具を組み合わせて
使うと良いでしょう。

 

マイクロフリースなどを使ったブランケットや
ウェア、湯たんぽ、冷却シートや冷感タオルなど
電気を使わないアイテムを活用すると、電気代を
抑えるだけではなく、エアコンの使いすぎによる
体調不良なども防ぐことができます。

他にも電気の節約ができることがないか原因を
探ってみるのも大切です。

使用電力がわかるホームマネジメントシステム
(HMS)も可能ならば設置したいものです。

スポンサーリンク

アンペア契約の見直しも

使用する電力を節約するだけではなく、
契約しているアンペアの見直しも重要です。

アンペアとは電力の単位のことで、電力会社は
アンペア契約ごとに基本料金を設定しています。

 

ブレーカーが落ちる現象は、一度に大量の
電気を使い、契約している以上のアンペアを
使ったためです。

契約しているアンペアを下げればそれだけ
基本料金が下がるので、電気代の節約になります。

電気料金の節約には、アンペア契約の見直しも
重要と言っても過言ではありません。

 

ただし下げすぎると使えない家電もあるので、
家にある家電はどれだけのアンペアを使うか
調べてから見直しが必要です。

大量の電力を使う家電を一度に使わないことも
低いアンペアで生活する上で重要なことです。

特に電子レンジに炊飯器、ドラム式洗濯乾燥機、
アイロン、ヘアドライヤーは電力が高い家電です。
これらを一度に使わないように注意しましょう。

 

電力が大きすぎる古い家電がないかの見直しも。
契約しているアンペアがわからなければ、
ブレーカーに記載されている場合があります。
または電力会社に問い合わせてみましょう。

スポンサーリンク

関西電力の場合はアンペア契約ではない?

アンペア契約で基本料金を設定していない
電力会社もあります。

関西電力もその1つ。
関西電力の場合、アンペアではなく消費電力
(kWh)を3段階に分けて契約コースを
設定しています。

 

とは言え、アンペアと同様に、少ない
消費電力のコースを選べばそれだけ電気
料金を抑えられます。

関西電力での契約の場合も生活に合わせたり、
家電の使用時間の工夫などで電気代の節約に
努めましょう。

また関西電力の場合、電気を使用する時間に
よって電気代が変わるコースもあります。

 

働きに出ているなど昼間はほとんど家に
いない家庭は、夜間に料金が安くなるコースを
選べばかなりの節約になります。

関西電力で電気契約をしている人、これから
働きに出ようとする人はぜひ見直してみて
ください。

まとめ

関西電力は原発の再稼働が進んで
いますが、今後電力がどうなるかは
わかりません。

今後も料金の値上げなども十分に
考えられます。

 

経済的な問題だけではなく、エコの意味でも
エネルギーは大切に使いたいものです。

とは言え、猛暑や厳寒を我慢するのは生活も
しづらいでしょう。

自分なりに楽しくエコライフを送って
ください。

スポンサーリンク