2018年春のお彼岸入り期間いつ
お供えする食べ物は何が良いのでしょうか…

スポンサーリンク

春のお彼岸入り2018年の期間はいつ?

彼岸とは仏教用語で煩悩に満ちた世界から離れた、
悟りの境地(彼の地の岸)に近付くこと。

春のお彼岸入り、秋のお彼岸入りの時期からは
太陽が真西に沈みます。

真西に太陽が沈む場所に彼の地(彼岸)があるとされ、
先祖が住んでいると言われているのです。

彼岸に住む先祖を偲び、供養すると同時に、自然の

美しさやありがたさを改めて敬おうとする気持ちが
込められています。

先祖供養の意味があるとは言え、お彼岸になると
お墓参りをするのは日本独特の風習のようです。

 

お彼岸の時期が近づくと、いつからか、期間は
どのくらいまでか毎年気になってしまいますね。
春のお彼岸は春分の日を中日とした前後7日の
期間のことを指します。2018年も同様です。

2018年はいつからいつまでの期間かと言いますと
春のお彼岸入りは3月18日(日)。
春分の日が3月21日(水)。
彼岸明けが3月24日(土)となります。

春の彼岸入りの期間はわかったけど、では
いつ行けばいいのか。

スポンサーリンク

2018年のお彼岸もきちんとやらなければ、と
考える人も多いでしょうが、お彼岸の期間の間で
都合の良い日ならいつでも大丈夫です。
お仕事がお休みの日など都合の良い日に。

お参りや法要で7日間全期間をお彼岸で費やす
必要はありません。

お供えにはどんな食べ物が良い?

お彼岸のは主に仏壇、お墓に納骨堂などご先祖に
関する場所を清めます。

本来なら頻繁に掃除しておくべきですが、お墓や
実家が
遠方だったり、忙しくてなかなかできない
という人も
現代では少なくありません。

お彼岸はご先祖参りの良い機会と考えてください。
お墓参りだけではなく、お寺のお彼岸会、お彼岸
法要などにも参加してみましょう。

スポンサーリンク

お墓のお掃除は、周辺を掃き掃除して古いお花や
お供え物を処分し、墓石を水拭き、軽く水をかけます。

納骨堂の場合も軽くホコリを払ってお供え物の
交換で大丈夫です。

中には「お金を払って管理を頼んでるんだから
掃除も当然」と考える遺族もいます。
ですが納められているのは自分の祖先や親。
遠方でも年に1度は近況報告も兼ねてお参りし、
きれいにしてさし上げましょう。

 

お掃除をしたら新しいお線香とお花(仏花)、
お供え物を
お供えします。お供えする食べ物は
春のお彼岸でしたらぼたもち
(秋がおはぎ)が定番。

おはぎにプラスして故人が好きな食べ物でも大丈夫です。
お花は白百合やトルコキキョウ、カーネーションなど
清楚な花が一般的です。しかし花も故人が好きだった
花をお供えしても構いません。

 

しかし最近は納骨堂も霊園も生花や食べ物のお供えを
NGにしている所も増えています。

生花や食べ物が良くないのは、腐ったりカラスや
野良猫に
荒らされたりすることがあるからです。

納骨堂も墓地もそれぞれ管理しているお寺がありますが、
広い施設ですとお墓1つ1つの管理が完全には行き渡らない
場合があります。

お供えして遠方に帰ってしまった場合、必然的に
管理する側の
人が回収することになるでしょう。

 

お供えする花や食べ物は生物で良いかお参りに
行く前に
お寺で確認してください。

生物がNGな場合、お墓や納骨堂のお供え物は
造花に
しておきます。

たとえOKでも生物をお供えした後は持ち帰る
配慮も必要です。

まとめ

伝統的な行事が薄れつつある現代。
しばらくお墓参りに行っていないのなら、
2018年は
春のお彼岸入りを機にお墓参り
してみると良いかもしれません。

お彼岸は昔からある仏事ですが厳密な
マナーはなく
先祖を敬う気持ちがあれば
十分です。

スポンサーリンク