大分県の臼杵城址桜まつりは毎年多くの人で
賑わいます。

2018年も混雑が予想されるので、駐車場
開花時期、ライトアップがあるのかなども
事前にしっかりチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

臼杵城址桜まつり2018

大分県は臼杵市にある臼杵城址。

そこで毎年3月下旬~4月上旬にかけて行われる
臼杵城址は県南一と言われるほどの
お花見名所です。

戦国時代、大友宗麟によって築城された臼杵城跡に
1000本の桜が植えられています。

 

臼杵城とのコラボレーションは、荘厳なイメージで
見たら感動すること間違いなし!

そして、臼杵城址桜まつりも外せない
ポイントですね。

まだ臼杵城址桜まつり2018についての
情報は出ていませんが2017年と同じならば
3月末~4月上旬の10日間で行われるでしょう。

 

臼杵城址桜まつりではイベントが数多く
開催されるのも見どころの一つですね。

2018年はまだ分かりませんが、2017年には
少年野球大会や、バンド演奏、展示会や
ゲートボール大会なんてのもありました。

見るだけではなく、参加も出来るのは
臼杵城址桜まつりならではといった感じでしょうか。

 

他にも売店が出店されたりもするので
お花見にもピッタリな場所です。

ちなみに、臼杵城址桜まつりとはあまり関係ないですが
4月1日には臼杵市中央公民館前にて「さくらマラソン2018」
も開催されます。

 

健康に自信のある方は、臼杵城址桜まつりを
横目に見つつ走ってみるのも楽しいかもしれません。

地元の方でも、観光客の方でも、臼杵市の魅力を
再発見出来るようになっています。

スポンサーリンク

臼杵城址桜まつりの駐車場はある?

臼杵城址桜まつりに行くにあたり
駐車場のチェックもしておきたいところですね。

表の入り口にも駐車場はありますが、こちらは
数台の上に観光バス用のものなので
市営の有料駐車場を利用することになります。

ただし、市営下屋敷前駐車場も42台と少な目です。
他に近場だと、タイムズコープうすき、
タイムズマルショク八町大路などがあります。

 

臼杵城近辺にはいくつか有料の駐車場が
あるので行く前には当たりを付けておいた方が
無難だと思われます。

残念ながら、無料の駐車場はありません。
臼杵城の入園料は無料ですが。

臼杵城址桜まつりだけではありませんが
基本的にお花見スポットは混雑します。

 

特に満開の時期は、どこもかしこも、お花見スポットは
混み合いますよね。

家族連れで来る方は車の方がラクという方も
多いでしょう。

駐車場に関しても、行列必至という場所も少なくないので
駅まで徒歩5~10分程度なので、公共交通機関で
行った方が気にせずお花見を楽しめそうですね。

スポンサーリンク

臼杵城址桜まつりの開花とライトアップ

最後に臼杵城の桜開花予想と
ライトアップについて見ていきましょう。

まだ詳しい開花予想が出ているわけではありませんが
例年の開花予想から、2018年も3月中旬頃かと
思われます。

満開になって、見ごろになるのは3月下旬~4月上旬頃
でしょうか。

 

現時点での大分の開花予想日は3月25日と
なっていますね。

今後、また変わってくる可能性はありますので
開花情報はこまめにチェックしておきましょう。

それから、臼杵城址桜まつりでは
毎年期間中の18時~22時で桜のライトアップを
行っています。

 

約1000本の桜と、臼杵城とのライトアップコラボは
かなり見物です。

荘厳な雰囲気には感動せざるを得ません。

また、人気の為2017年は臼杵城址桜まつりが
終わった後も一週間はライトアップだけ
延長されたほどです。

 

2018年ももしかすると、ライトアップだけ
期間が長いということもあるかもしれません。

いずれにしても楽しみですね。

まとめ

県南一の人気を誇る臼杵城址桜まつり。

お花見だけでなく、イベントに参加も出来たりする
他とは違った桜まつりですね。

この機会に一度は訪れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク