いつまでもお美しい、叶姉妹の叶美香さん。
昔画像から変わりませんが、年齢はいくつなのでしょうか?

になったというは本当なのでしょうか?
また、叶姉妹の収入源はどこなのでしょうか?
謎多き美香さんを調査します!

スポンサーリンク

叶美香さんプロフィール

生年月日 1967年9月23日
出身地  愛媛県
血液型  不明
所属   なし
身長   170cm
体重   58kg

叶姉妹という名前ではありますが
姉・恭子さんと妹・美香さんは
赤の他人であるというのは有名です。

彼女たちの職業というか、どういうポジションなのか
謎な部分もなかなか多いですよね。

 

一応、公式には「超お金持ち姉妹」というユニット。
職業としては、タレントやセレブ、ライフスタイルプロデューサー
といった不思議な紹介が多く出ています。

今回は、リアル峰不二子と呼ばれる
叶美香さんについて、気になる情報を
色々と調査していきたいと思います。

 

叶美香の年齢は?

叶姉妹で一番気になるのは年齢ですよね。

初めて見た時から、本当に年を取ってるの?
と疑いたくなるほどの変わらなさは
不老不死なんじゃないかと思ってしまいます。

しかし、彼女たちも人間。
叶恭子さんの年齢が現在55歳、
叶美香さんの年齢が現在50歳です。

 

お二人とも既に年齢50歳を越えているんですね。
もはや恐ろしいくらいの美貌です。

叶姉妹で検索をすると、叶美香さんの
卒業アルバムが出てきます。

昔画像からでも目鼻立ちがくっきりとした
美人さんであることが分かります。

他にも、実は叶美香さんはグラビアアイドルとして
活動していた時期もあるんですね。

 

グラビア時代の昔画像を見ると
今よりも少し丸い印象でしょうか。

全体的に受ける印象はあまり変わっていない
ように思います。

昔画像を見ると分かりますが
その頃から、巨乳は健在です。

叶恭子さんにしても、叶美香さんにしても
整形なんじゃないかという疑惑が出ていますが
真相は分かりません。

 

仮に整形していたとしても、世間での叶姉妹の
評判としては決して悪くありませんし
コミケでは好感度を上げています。

今後もぜひ凡人にはたどり着けない
セレブ生活を見せ続けて欲しいですね。

スポンサーリンク

叶美香が癌になったのは本当?

叶美香さんと言えば、2015年12月に
緊急入院をされ、ニュースでも報道されていましたよね。

当時、医師から「命の危険もある」という診断により
「癌なのではないか?」という噂が流れました。

実際のところ叶美香さんは癌だったのでしょうか?

 

↓ 美香さん、これはやり過ぎ!
叶美香

 

調べたところ、美香さんは癌ではなく
「アナフィラキシーショック」という
アレルギー反応を起こしたことで緊急入院に
なったわけです。

元々、アレルギーを持っていなくても
突然発症するアレルギー反応なんですね。

特定の食べ物や医療品など、様々な物質により
引き起こされる重度のアレルギー症状のことです。

当時、最悪の事態にはならず叶美香さんは
今でも元気にコミケなどにも参加されています。

 

緊急入院=癌?という噂が独り歩きして
しまっただけのようでした。

ひとまずは、癌でなくて本当に良かったですよね。

ただ、アナフィラキシーショック症状自体
突然起こり、アレルギー物質が体内に入ると
最悪の事態になってしまうこともあるので
普段から気を付けておきたいですね。

スポンサーリンク

叶姉妹の収入源はどこから?

最後にセレブを体現するような叶姉妹の
収入源は一体どこから出ているのでしょうか?
かなり気になりますよね?

テレビで見ると、私服がかなり高額だったり
もちろん私生活もセレブそのもの。

テレビに出ずっぱりというわけでもないのに
どうしてそんなにセレブなの?と思ってしまいますよね。

 

↓ 美香さん、流石ですね。
叶美香

 

大体が噂レベルになってしまいますが
収入源はいくつかあるようです。

ジュエリーや時計などの輸入会社を経営しているや
石油王から10億円もらった、海外のスポンサーがいる
ドコモに投資をして、その配当金をもらっている
など、どれも「本当か?」と思える収入源ばかりですね。

一応、現在有力と言われているのは
ドコモの投資です。

 

しかし、本人達が明かしているわけではないので
どれも信憑性は高くないですね。

ただ、何となく叶姉妹に関しては
謎にしておいた方が何となく収まりが
良い気もしますよね。

「謎のセレブ」という響きもミステリアスで
素敵ですし。

キャラ設定を徹底するのは、素晴らしいことだとも
思います。

 

まとめ

謎多きセレブの叶恭子さん、叶美香さん。

きっと、今後も何かが明らかになることは
ほとんどないのでしょうね。

出来るなら、このままセレブキャラを
貫いてほしいものです。

スポンサーリンク