いとうあさこさん実家は大豪邸?
体重詐称は本当でしょうか。

結婚するのかも気になりますね。
出身大学父親についても調べてみました。

スポンサーリンク

いとうあさこさんプロフィール

本名 伊藤麻子
生年月日 1970年6月10日
出身地 東京都渋谷区
血液型 AB型
身長 162㎝
舞台芸術学院ミュージカル別科卒
マセキ芸能社所属

舞台芸術学院の同期生とお笑いコンビ「ネギ
ねこ調査隊」を結成し「進ぬ!電波少年」
などで活動。

2003年に「ネギねこ調査隊」を解散し、
ピン芸人に。

 

2009年頃からレオタード姿で「浅倉南(現在の
年齢)歳」と名乗り加齢や独身をネタにした
自虐ギャグがブレイク。

他にも菊池桃子さんや荻野目洋子さんら
1980年代アイドルのモノマネでお茶の間を
わかせました。

今ではレポーターとしても活躍しています。

 

いとうあさこさんの実家の父親がすごい?

いとうあさこさんはブレイク時から
裕福な実家でお嬢様育ちだったと公言
していました。

小学校から高校まで皇室の方々も通っていた
学校法人雙葉学園の出身。

王貞治さんの3人の娘や、高橋真麻さん、
かたせ梨乃さんらも通っていました。

資産家な上、両親の品格も問われるような
学校です。

単なるお嬢様学校ではなく、東大合格者も
毎年多数輩出しているハイレベル校で
桜陰、女学院と並ぶ女子高御三家とも
呼ばれています。

 

そんな学校に通えるくらいのお嬢様なの
だから、実家はさぞかし大富豪、もしくは
皇室や旧家だったりして…と調べてみると

父親は東大出身、都市銀行の重役なのだとか。

富士銀行の常務だったという情報もありますが
当時「伊藤」という名前の重役がいる銀行が
富士銀行一行だったため、この噂が広まった
ようです。確かな情報ではありません。

 

雙葉学園は親の品性がしっかりしていれば、
親の資産状況や職業、学歴などは合否に大きな
影響はありません。

ただ、いとうあさこさんの東京は千駄ヶ谷に
ある実家はとんでもない豪邸。

父親は都市銀行の重役だけではなく、どこかの
良い家の血筋なのでしょうね。

スポンサーリンク

体重を詐称していた!

いとうあさこさんは公式プロフィールでは
体重を63㎏となっています。

しかし「にじいろジーン」出演時に本当の
体重は68㎏と暴露しました。

テレビに出だした頃は本当に63㎏だった
らしいのですが、次第に太ってきて68㎏に
なったようです。

自他共に認めるお酒好きないとうさん。
体重増加もお酒が原因の1つのようですね。

ケンドーコバヤシさんからも「子供みたい
な体形」と弄ばれたこともあるそうですが
いとうさんは「摂生して長生きしても意味が
ない」と生活を改める気はないようです。

自虐ネタですので無理に体重を落とす
必要はないかと思われますが、体はもう少し
大切にしてほしいですね。

スポンサーリンク

出身大学は?

お父さんとお兄さんは大学は東大出身。
いとうあさこさん自身も超難関高校出身なので
さぞかし良い大学を出ているだろうと
思いましたが…

いとうさんは大学へは通わず、舞台芸術学院
という専門学校へ進みました。

舞台芸術学院は主にミュージカル俳優を
育成する専門学校。

市村正親さんやうつみ宮土理さん、役所
広司さんらが多数のOGOBがいます。

なぜ大学へは進学しなかったかと言いますと、
学力の問題ではなく、尾崎豊に憧れて家出して
しまったからです。

またその当時は親への反発も強く、自由を
求めてしまったとか。

失敗や苦労も多かったでしょうが、それが
今のいとうあさこさんの芸になっていると
思えば、若い頃の選択も間違いではなかった
のでしょう。

 

結婚はある?

あと数年もすれば50歳のいとうさんですが
結婚の可能性はあるのでしょうか?

「同世代の親類で独身は自分だけ」
「同級生の子供は17歳」

など自分がシングルな自虐ネタを持って
いますが、現在は独り身に慣れすぎて
人の結婚をうらやむこともなくなったとか。

 

少し前までは孤独死が怖かったそうですが、
今は「自分の人生を幸福だったと理解して
もらえばいい」と割り切るようになり、
定期的に遺影を撮影しているとか。

過去には長年同棲までした彼氏も
いましたが結婚までにはいたらず。

しかし今後、人生をともにする
パートナーが現れないとは限りませんね。

一緒にお酒を飲んでくれる運命の人が
いるかもしれません。

 

まとめ

60歳の時に本を出版しその翌日に飲み屋で
死ぬのが理想としているいとうあさこさん。

お酒とレオタードは人生を終えるまで
手放さないかもしれませんね。

スポンサーリンク