春の選抜甲子園2018年の優勝予測は?
今年の注目選手も気になりますね。
チケット情報も調べてみました。

スポンサーリンク

春の選抜甲子園2018年の優勝予想

平昌冬季オリンピックが終われば、日本は
春の選抜甲子園。
2018年春も高校球児の熱い戦いが
繰り広げられることでしょう。

2018年春の選抜甲子園、優勝予想も続々と
されていますね。
春の選抜甲子園は、夏の甲子園に比べて
実力差があまりないので、どの試合も初戦から
息を飲むような白熱した戦いが見ることが
できると予想されます。

つまり春の選抜甲子園出場校は、どこが優勝しても
おかしくはないのですが、優勝予想は、やはり
甲子園常連校に集中します。

 

大阪桐蔭高校(大阪)
言わずと知れた関西超強豪校。
多くの野球ファンも優勝予想に大阪
桐蔭をまず第一に挙げています。

春の選抜甲子園4年連続、と夏だけではなく
春も常連という王者ぶりは2018年も
健在のようです。

投手も野手もプロ球界注目株、U-18選抜
選手が数人いるという化物集団(失礼?)
でもあります。

 

智弁和歌山(和歌山)
優勝予想、大阪桐蔭が本命だとすれば、
対抗は智弁和歌山。

智弁和歌山も甲子園常連校で、2017年の
秋大会では大阪桐蔭高校に1-0と
惜しくも破れました。

怪我のため秋大会では休場していた
「大砲」林選手が今回の春の選抜
甲子園で復帰する情報も。

 

明徳義塾(高知)
2017年秋大会優勝校。
春の選抜甲子園優勝予測されるのは
当然でしょう。

145kmの右腕、市川選手、野手の谷合
選手はプロ注目。

秋大会の猛威を春の選抜甲子園でも
奮ってくれると期待しています。

 

日本航空石川(石川)
北信越大会優勝校。
日本航空石川は、春の選抜甲子園は
2018年で初出場。

秋大会を支えた強力打線と1年生エース、
サウスポーの投手の活躍で甲子園常連校
相手にも負けない奮闘が期待されています。

 

選手の実力や監督の采配、チームの雰囲気など
細かに分析すると、優勝予想はかなり
変わってきます。

しかし本番はどうなるのか分からないのが
春の選抜甲子園。

地元、母校、好きなチームを応援しましょう。

スポンサーリンク

春の選抜甲子園2018年注目選手は?

2018年春の選抜甲子園は、注目選手、
タレント性の高い選手が多いと言われています。

今年はどのような注目選手がいるの
でしょうか?

投手
柿木蓮投手(大阪桐蔭)
大阪桐蔭エース。
ストレートは147キロ。
他にも110キロのスライダー、
100キロのカーブを放ち、多くの三振を
奪いました。

横川凱投手(大阪桐蔭)
柿木投手が右のエースとすれば、
横川投手は左のエース。

この二人が春ではどちらが背番号1を
付けているかはまだ誰も予想がつきません。

身長190cmと日本人離れした高身長は、
マウンドに立つだけでも強力な武器と
なるでしょう。

市川悠太投手(明徳義塾)
秋大会優勝校明徳義塾のエース。
サイドスローで投げる球はストレートで
145キロ、スライダーやチェンジアップ、
ツーシームなど見えづらい上に多彩。

春の選抜甲子園でも多くの打者を
惑わせるでしょう。

 

野手
梶尾昴(大阪桐蔭)
投手であり4番打者。
投げては140キロ台、打っては長打と
1年生の頃から注目されています。

藤原恭大(大阪桐蔭)
日本プロ球界だけではなく、メジャーの
スカウトからも注目されていた選手。

走攻守すべてに申し分なく、春の選抜
甲子園のグラウンドも存分に暴れ回って
くれるでしょう。

林晃汰(智弁和歌山)
1年生からスタメンの左強打者。
2年生までの本塁打数29本でプロからの
注目度も高い選手でしたが、夏の甲子園後に
膝の手術を受け秋大会は休養。

春の選抜甲子園での復活に期待が
かかっています。

 

他にも注目選手、ドラフト候補の選手は
多数います。

野球ファン、地元ファンにとって注目選手は
それぞれいるでしょう。

春の選抜甲子園ではチームはもとより、自分の
注目選手も応援したいですね。

スポンサーリンク

春の選抜甲子園2018年チケット情報

春の選抜甲子園2018年は、テレビではなく
甲子園球場で応援したいと思っている人も
多いことでしょう。

春の選抜甲子園は、前売り、当日チケットの
金額の差がないのが特徴です。

しかし当日は売り切れの可能性もあるので、
どうしても見たい試合がある場合は、
前売りチケットを買った方が確実です。

 

春の選抜甲子園2018年の開催は

2018年3月23日(金)から4月4日(水)までの13日間。

準々決勝決勝翌日は休養日です。
チケットの販売情報は現時点では
発表されておりません。

昨年2017年は2月22日ごろからチケットの発売日、
料金の情報を公開していたので、おそらく2018年も
同じ時期に発表があるでしょう。

チケットの販売予測(2017年の情報を元にしています)

前売り券 3月初頭から発売開始
一塁特別自由席 一般1500円 子供600円
三塁特別自由席 一般1500円 子供600円
※子供は4歳以上小学生以下

前売チケット発売場所
チケットぴあ
ローソンチケット
CNプレイガイド
イープラス

 

当日券 希望の試合日にて発売
中央特別自由席 一般・子供共通 2000円
一塁特別自由席 一般1500円 子供600円
三塁特別自由席 一般1500円 子供600円
一塁アルプス自由席 一般・子供共通600円
三塁アルプス自由席 一般・子供共通600円

当日券発売場所
甲子園球場入場券発売窓口
最終試合の4回終了後は大会本部にて発売

 

 

チケットの料金、販売場所も昨年と変更は
ないと予測されます。

2月下旬に毎日新聞社またはチケット販売会社を
チェックしてみてください。

まとめ

今回の春の選抜甲子園は、第90回目と
きりの良い数字。

また夏の甲子園も100回目であることから、
記念の年としても注目を浴びています。

 

さらに今年からタイブレーク制の導入と、
波乱が予想されます。

勝ち負けも重要ではありますが、高校球児たちの
野球を楽しむ姿を見るのも高校野球の醍醐味では
ないでしょうか。

スポンサーリンク